FXGTでは
レバレッジが最大1000倍ですが、
これは本当なのでしょうか?

 

もちろん、
レバレッジ1000倍と豪語しているので、
これは本当です。

ただ、レバレッジ1000倍なのですが、
計算式が通常のFX業者とは
少し異なってきます。

 

そこで今回は、
FXGTのレバレッジのからくりを
紐解いていきます。

この事を知れば、
FXGTを効果的に使って
トレードをする事ができるようになります。

 

FXGTのレバレッジは2種類ある

FXGTでは、
最大レバレッジが1000倍ですが、

・有効証拠金に基づいたレバレッジ
・ダイナミックレバレッジ

といった2種類のレバレッジが存在します。

 

有効証拠金に基づいたレバレッジ

有効証拠金に基づいたレバレッジとは、
その名の通り、
資金量に基づいてレバレッジが決まることです

 

例えば、FXGTの場合、
MT5に入っている口座の資金が
以下の状態の時に
レバレッジが決まっています。

$5 – $10,000:レバレッジ1,000倍
$10,001 – $20,000:レバレッジ500倍
$20,001 – $40,000:レバレッジ200倍
$40,001~:レバレッジ100倍

 

つまり、資金量が多ければ多いほど
レバレッジが下がっていくのです。

これは資金量が大きい状態で
レバレッジを高くすると
一発でやられた時の損失が大きくなるので、
それを防ぐ為に
資金量でレバレッジを制限しているのです。

 

ただ、資金100万円までは
レバレッジが1,000倍なので、
正直、これで十分過ぎるほど十分ですよね。

因みに、有効証拠金は、
自己資金+ボーナスの合計値です。

 

よって、資金50万円を入金して
100%入金ボーナスで
50万円分のクレジットを貰ったら、
合計100万円となり、
レバレッジ1,000倍の限界値になります。

 

このレバレッジ方式はスタンダードFX口座のみ

有効証拠金に基づいたレバレッジは
スタンダードFX口座のみに適用されます。

 

この口座タイプでは、

・FXメジャー通貨
・FXクロス通貨
・FXエキゾチック通貨
・メタル
・エネルギー
・株価指数
・株式

といったように、
為替中心の取引をする際に
使いやすい口座タイプです。

 

よって、
もしスタンダードFX口座を選んだら
レバレッジは
証拠金によって決まるので、
この事は頭に入れておきましょう。

 

商品ごとにレバレッジが変わる

有効証拠金に基づいたレバレッジでは、
取引商品によって
レバレッジが変わります。

 

例えば、FXGTでは、
上記でもお伝えしたように、

・FXメジャー通貨
・FXクロス通貨
・FXエキゾチック通貨
・メタル
・エネルギー
・株価指数
・株式

といった商品を取引できます。

 

しかし、レバレッジは、
商品によって変わり、
以下のようになっています。

有効証拠金FXメジャー通貨FXマイナー通貨FXエキゾチック通貨メタルエネルギー株価指数株式
$5 – $10,0001,000倍1,000倍500倍500倍100倍100倍50倍
$10,001 – $20,000500倍500倍500倍200倍100倍100倍50倍
$20,001 – $40,000200倍200倍200倍100倍100倍100倍50倍
$40,001100倍100倍200倍50倍100倍100倍50倍

 

見づらい時用の為に
画像も貼っておきます。

 

上記のような感じで、
FXGTはレバレッジ1,000倍といっても、
取引商品によって変わるので、
この点はしっかり頭に入れておきましょう。

 

ダイナミックレバレッジ

次にダイナミックレバレッジですが、
これは取引価格に応じて
レバレッジが変化していく仕組みです。

 

例えば、FXGTの場合、
取引価格がティアごとに分かれていて、
以下の表のようになっています。

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~300,0001,000倍0.220,000,000
ティア2300,001~1,000,000500倍0.520,000,000
ティア31,000,000 – 2,000,000200倍120,000,000
ティア42,000,000 – 3,000,000100倍220,000,000
ティア53,000,000 – 5,000,00050倍520,000,000
ティア65,000,00020倍0.120,000,000

 

上記の表のようになっていますが、
ちょっとよくわからないですよね。

例えば、ドル円が100円で、
10万通貨のトレードをしたい場合、
この取引価格としては、

100円 x 10万通貨=1,000万

となります。

 

よって、1,000万というのは、
上記の表に当てはめると、
ティア1になるので、
レバレッジが1,000倍になります。

 

ということは、
この時の必要証拠金は

100円 x 10万÷1,000倍=1万

となります。

 

もしこれが、
仮に500円の時に
10万通貨のトレードをしたい場合、
取引価格は5,000万になります。

 

そうなると、
上記の表に照らし合わせると、

・3,000万までレバレッジ1,000倍
・3,001~5,000万までレバレッジ500倍

となっているので、
5,000万の内、3,000万円分までは
レバレッジ1,000倍、
残りの2,000万円分は
レバレッジ500倍となります。

 

よって、ドル円が500円の時に
10万通貨のトレードをする場合、
必要証拠金は、

3,000万÷レバレッジ1,000倍=3万円
2,000万÷レバレッジ500倍=4万円

この2つを足して7万円となります。

 

つまり、
取引金額が大きくなればなるほど、
レバレッジが下がっていくのが
ダイナミックレバレッジです。

必要証拠金に基づくレバレッジとは違って、
資金量が仮に1,000万あったとしても、
取引額が小さければ、
レバレッジ1,000倍が適用されるのです。

 

これは為替など、
金額が小さい場合は
ほとんど影響は出ませんが、
ビットコインなど、
価格が数百万もする仮想通貨になると
結構影響が出てきます。

 

取引商品によってレバレッジが変わる

必要証拠金に基づくレバレッジと同様に
ダイナミックレバレッジの場合も
取引商品によって
取引価格とレバレッジが変わってきます。

 

FX主要通貨ペア

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~300,0001,000倍0.220,000,000
ティア2300,001~1,000,000500倍0.520,000,000
ティア31,000,000 – 2,000,000200倍120,000,000
ティア42,000,000 – 3,000,000100倍220,000,000
ティア53,000,000 – 5,000,00050倍520,000,000
ティア65,000,00020倍0.120,000,000

 

 

FXクロス通貨ペア

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~200,0001,000倍0.220,000,000
ティア2200,000~5,000,000500倍0.520,000,000
ティア35,000,000 – 1,000,000200倍120,000,000
ティア41,000,000 – 2,000,000100倍220,000,000
ティア52,000,000 – 3,000,00050倍520,000,000
ティア63,000,00020倍0.120,000,000

 

FXエキゾチック通貨ペア

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~200,000500倍0.210,000,000
ティア2200,000~5,000,000200倍0.510,000,000
ティア35,000,000 – 1,000,000100倍110,000,000
ティア41,000,000 – 3,000,00050倍210,000,000
ティア53,000,00020倍510,000,000

 

 

仮想通貨(BTC | LTC | ETH | BCH | XRP)

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 3,0001,000倍0.11,000,000
ティア23,000 – 10,000500倍0.21,000,000
ティア310,000 – 50,000200倍0.51,000,000
ティア450,000 – 100,000100倍11,000,000
ティア5100,000 – 200,00050倍21,000,000
ティア6200,00020倍51,000,000

 

 

ADA | DOT | XLM

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 3,0001,000倍0.11,000,000
ティア23,000 – 10,000500倍0.21,000,000
ティア310,000 – 20,000200倍0.51,000,000
ティア420,000 – 60,000100倍11,000,000
ティア560,000 – 80,00050倍21,000,000
ティア680,00020倍51,000,000

 

 

貴金属

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 200,0001,000倍0.120,000,000
ティア2200,000 – 500,000500倍0.220,000,000
ティア3500,000-1,000,000200倍0.520,000,000
ティア41,000,000-2,000,000100倍120,000,000
ティア52,000,000-5,000,00050倍220,000,000
ティア65,000,00020倍520,000,000

 

 

エネルギー

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~200,000100倍120,000,000
ティア2200,000 – 1,000,00050倍220,000,000
ティア31,000,000 – 5,000,00030倍3.3320,000,000
ティア45,000,000 – 7,000,00020倍520,000,000
ティア57,000,00010倍1020,000,000

 

 

株価指数

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10~200,000100倍110,000,000
ティア2200,000 – 500,00050倍210,000,000
ティア3500,000 – 5,000,00030倍3.3310,000,000
ティア45,000,000 – 7,000,00020倍510,000,000
ティア57,000,00010倍1010,000,000

 

 

GTi12

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 20,000100倍110,000,000
ティア220,000 – 50,00050倍210,000,000
ティア350,000 – 100,00030倍3.3310,000,000
ティア4100,000 – 200,00020倍510,000,000
ティア5200,00010倍1010,000,000

 

 

NFTs | DeFi Tokens | Coins| SHB | DOG

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 10,00050倍0.02100,000
ティア210,000 – 20,00020倍0.05100,000
ティア320,000 – 50,00010倍0.01100,000
ティア450,000 – 100,0005倍0.2100,000

 

 

株式

ティア取引価格(USD)レバレッジマージン%銘柄ごとの最大限度額(USD)
ティア10 – 100,00050倍21,000,000
ティア2100,000 – 300,00025倍41,000,000
ティア3300,000 – 5,000,00015倍6.661,000,000
ティア45,000,000 – 7,000,00010倍101,000,000
ティア57,000,0005倍201,000,000

 

 

FXGTはレバレッジを選ぶ事ができる

FXGTでは、
口座開設時と口座開設後どちらでも
レバレッジを変えることができます。

しかも、1倍~1,000倍であれば、
どのレバレッジでもできるのが特徴です。

 

なぜなら、FXGTのレバレッジ変更には
“カスタム”というのがあり、
これを選ぶと、例えば555倍みたいに
好きな倍率を選ぶことができるからです。

 

ただ、
自分の資金量に応じて
ロット数を調整すれば
レバレッジ調整は
特にする必要がないと思います。

ですから、最初から最大値の
レバレッジ1,000倍を選べばいいでしょう。

 

どうしても自分を律することができなくて、
レバレッジ変更で無理矢理調整したい場合に
変更すればいいと思います。

 

まとめ

今回はFXGTのレバレッジについて
詳しくお伝えしてきました。

 

FXGTの場合、
レバレッジには2種類ありますが、
口座タイプによって決まります。

また、取引商品によっても
レバレッジは変わってくるので、
自分がメインにトレードをする商品を把握して
そこに合った口座選びをするのがいいでしょう。

 

FXGTの口座開設をするなら、
以下から開設ができます。
FXGTの口座開設はコチラ